1,2,3

今日はイチ・ニイ・サンと語呂がいい土曜日です。朝からよく晴れていますがまたまた寒さが来ています。今週は、暑かったり寒かったりで、コートや下着等の調節をしながら過ごしました。仕事は、ボチボチと消化し、火曜日のみ残業となったが他の日は、何とか帰宅してセントラルへ通う。月はステップ、水はシェイプ、木はファイトアタック、そして金は再びシェイプバンプとレッスンに参加。その前後にトレッドミル、ステップ、筋トレ等で汗を流す。このパターンで困るのは、いつどの程度食事を取るかであり、仕事帰りのジム通いの社会人共通の悩みです。

朝のランは、結局、火曜日一回だけとなってしまいましたが(9:53、9:09、8:58、8:35=36:37。6.8キロ)、一日トータルではジム通いとあわせ、運動の継続は出来ています。しかし、走りこみの不足は感じているので、今日の土曜日はしっかり走ることにしました。

午前中、いつもの公園へ。じっくりと走って最低10周、出来たら15周程度と思い走り始めたが、何か、身体がスピードに乗らないのとお腹がやや重い感じで、結局、ほぼイーブンペース(キロ5分半あまり)の10周(12キロ。6:54、6:48、6:47、6:48、6:39、6:43、6:34、6:35、6:42、6:44=1:07:18)で上がる。

午後からは、これまでのパターンなら、ジムでシェイプバンプというところだが、来週日曜日の大阪ハーフ出場を控え、スピードに乗った走りの感じを思い出すため、もう一度ランにトライする。久しぶりにレース用シューズ(実は底がヘタって擦り切れているので買換えが必要だが)で走り出すと、今度は、スムーズにスピードに乗って足が軽い感じ、後半、ラストスパートが効かなかったが、何とかほぼキロ5分ペースで走りきる(6:25、6:19、6:11、6:01、5:57、5:54、5:52、5:53、5:59、5:55=1:00:32)。今回も、お腹が重くなり、終了後、体育館のトイレでしばししゃがんでしまう。これがなかったら、なお、よかったのだが、まあ、久しぶりにいいランができました。

午後、ランに出る前に、去年ワウワウ録画した「死者にかかってきた電話」を鑑賞。戦後ヨーロッパの雰囲気を残しつつ、共産党系スパイが謎の死を遂げた事から始まる、夫婦、上司部下、組織、体制のそれぞれの危機をめぐり、何やら物語が複雑で暗い映画でした。役者も地味ということで日本では未公開のかなり古いイギリス映画、試しに観てみたが、まあ、観なくともよかったかなという感じでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック